地域の未来をつくる学び合いの場~みんなの大学やまなし10th

地域経済と再生可能エネルギーについて考える

東京都市大学環境学部教授・枝廣淳子さんゲストトーク +パラダイム・シフト・ダイアログ

◆日時 2016年3月6日(日)13:00~18:00
◆会場 山梨県防災新館1階 やまなしプラザオープンスクエア
山梨県甲府市丸の内1丁目6-1
◆参加費用:一般3,000円・大学生専門学校生1,500円
みんなの大学やまなしは、非営利活動です。ゲストの交通費・謝金など経費を含め、運営は参加費で行っています。
◆参加対象:150名(会場定員)
高校生以上の山梨県で暮らす人(職場・学校がある、実家があるなども含め)+山梨の取り組みに興味のある方
◆参加の方法
facebookイベントページの参加ボタンを押してください。
https://www.facebook.com/events/1558663067786258/
◆イベント内容
みんなの大学やまなし第10回のゲストは、東京都市大学環境学部教授・枝廣淳子さんをお迎えします。
福島第一原子力発電所事故以降、「原発の割合を減らして、再生可能エネルギーを増やすべき」と多くの市民が考えていたはずです。
しかし、県内でも北杜市の太陽光パネル急増、大月市に建設計画が進んでいる木質バイオマス発電施設の年間燃料15万トンを県内資源でまかなえるのかなど、再生可能エネルギー活用について、「持続可能な地域社会」とは異なるのではと矛盾を感じる市民が増えているようです。
地球環境の現状や世界・日本各地の新しい動き、環境問題に関する考え方や知見を環境メールニュースで世界中に配信している枝廣さんから、太陽光発電を始めとした日本各地の再生可能エネルギー活用事例について、地域経済との関係を軸にお話ししていただきます。
その後、地域が望む再生可能エネルギー活用について対話型ワークショップを実施します。
◆主催 みんなの大学やまなし
3.6-みんなの大学やまなし