展示案内「アイデアをかたちにする職人(ひと)」

「アイデアをかたちにする職人(ひと)」

会 期:2016年2月27日(土)-2016年6月13日(月)
休館日:火曜日(ただし5月3日は開館)
展示室:山梨ジュエリーの今

展示概要:
山梨県では、江戸時代末期に水晶装身具の生産が始まったことが、地場産業である現在の宝飾産業につながっています。いま県内の宝飾関係企業は約1000社におよび、その生産規模は国内に流通するジュエリーのおよそ3分の1を占めます。昔もいまもこの山梨の宝飾産業を支えてきたのが、「貴金属加工」「宝石研磨」そして「貴石彫刻」の技術を受け継いだ職人たちです。彼らはジュエリーデザイナーのアイデアが込められたデザイン画を読み取り、加工によって“かたち”を与え、具現化します。
今回は山梨ジュエリーミュージアム収蔵品を中心に、ジュエリーに携わる貴金属加工職人たちとその仕事を紹介いたします。県内のデザイナーと職人が新たに生み出したこれらの作品は、山梨県の”魅力”や”職人技”を表現するより自由なコンセプトから出発しています。アイデアをかたちにする職人たちの確かな技術をご覧下さい。
 

詳細はこちらをご覧ください。