YAS規約

会則

ヤマナシ向上委員会「やまなしオールスターズ」会則

 

第1章総則

(名称)

第1条本会の名称はヤマナシ向上委員会「やまなしオールスターズ」という

(事務局)

第2条本会の事務局は委員長の所属する法人内に置き担当者を配置する。

 

第2章目的及び事業

(目的)

第3条本会は、山梨の魅力を全国に発信するために、山梨県のサポートのもと、

防災新館1階のテナント各部署を中心に、民間企業、中心商店街、さらには山梨全県民の参加により

やまなしプラザの賑わい創出と地域活性化を図ることを目的とする。

(事業)

第4条この会は、前条の目的を達成するため次の事業を行なう

(1)山梨県の情報発信、中心商店街活性化に関する各種イベントの主催、共催、後援。

(2)山梨県と民間企業、県民をつなぐ各種プロモーション事業の運営

(3)メディアと連動した山梨県のアンテナショップ、アンテナレストラン機能

(4)その他、この会の目的達成に必要な事業地域活性化に関する各種イベント、施策実施の事業

 

第3章会員の種別

(サポーター)

第5条 本会の活動主旨に賛同し、活動に協力いただく個人のサポーター会員を募集することができる。

募集資格、手続き、会費等は別途定める。(サポート活動をポイント制にして会費に充当する。)

(スポンサー)

第6条 本会の活動主旨に賛同し、広告宣伝等に協力いただける法人のスポンサーを募集することができる。

募集資格、手続き、会費等は別途定める。(広告掲載料として支出願う。)

(パートナー)

第7条 やまなしプラザ入居者、ならびに山梨県各部において本会の事業推進に関わる各所属担当者をパートナーとする。

 

第4章役員等

(役員)

第8条この会には次の役員を置く

(1)委員長1名、副委員長3名以内(1名は山梨県総務部次長)、会計監事1名以上とする。

 

(役員及び会計監事の選任)

第9条役員及び会計監事は会員のうちから選任する

(1)委員長は役員会で選出し、総会にて承認を得る

(2)委員長以外の役員は、委員長が選任する

(3)会計監事は委員会で選任する

(4)役員は会計監事を兼任することができない

(役員の職務)

第10条委員長は、本会の業務を総理し本会を代表する。副委員長は、委員長を補佐し、

委員長に事故あるとき、又代行が必要なときは委員長があらかじめ指名した順序で

その職を代理しその職務を行なう。総務部次長は、パートナーのうち県関係者の取りまとめを行う。

 

(会計監事の職務)

第11条会計監事は、この会の財産に関し、次の各号に規定する職務を行う

(1)この会の財産及び収支決算の状況を監査すること

(2)財産の状況又は業務の執行について不正の事実を発見したときは、これを役員会、総会

にて報告すること

(3)前号の報告をするため必要があるときは役員会又は委員会を招集すること

(役員の任期)

第12条この会の役員の任期は1年とする。ただし、再任は妨げない

(1)補欠又は増員により選任された役員の任期は、前任者又は現任者の残任期間とする

(2)役員は、その任期満了後であっても、後任者が就任するまでは、なお、その職務を行う

 

(役員の解任)

第13条役員が次の各号の一に該当するときは、委員会出席者の3分の2以上の議決により

役員を解任することができる

(1)心身の故障のため、職務の執行に堪えないと認められるとき

(2)職務上の義務違反を犯したとき

(3)役員たるにふさわしくない行為があると認められるとき

 

第5章会議

(総会の招集)

第14条総会は全会員をもって構成する

(1)通常総会は、毎年1回以上委員長が招集する

(2)臨時総会は、役員現在数の3分の1以上、又は会員の現在数の5分の1以上から会議に

附議すべき事項を示して総会の招集を請求されたとき。委員長は、その請求があった日

から30日以内に臨時総会を開催しなければならない

(3)総会の招集は少なくとも10日以前にその会議に附議すべき事項、日時及び場所を記載した文面を添えて通知する

(4)会計監事は、不正等報告義務が発生した場合は総会を招集することができる。

(総会の議長)

第15条総会の議長は委員長が選任する

(総会の決議事項)

第16条総会は、この会則に別に定めるもののほか、次の事項を決議する

(1)事業計画及び収支予算についての事項

(2)事業報告及び収支決算についての事項

(3)委員長の承認及び会計監事の選出

(4)その他この会の業務に関する事項で役員会において必要と認めたもの

 

 

(総会の定足数等)

第17条総会は、全会員現在数の3分の2以上が出席しなければ議事を開き、議決することが

できない。但し、当該事項につき書面をもってあらかじめ意思を表示した者、及び他

の会員を代理人として表決を委任した者は、出席者とみなす

(1)総会の議事は、この会則に特に定められた事項を除き、会員である出席者の過半数をもって決する。但し、可否同数のときは議長の決するところによる

(会員への通知)

第18条総会の議事の要領及び議決した事項は全会員に通知する

 

(役員会の議長)

第19条役員会の議長は委員長が選任する

(役員会の定足数等)

第20条役員会は、役員現在数の3分の2以上が出席しなければ議事を開き、議決することが

できない。但し、当該事項につき書面をもってあらかじめ意思を表示した者は、出席

者とみなす

(1)役員会の議事は、この会則に別に定めがある場合を除き、出席者の過半数をもって

決する。但し、可否同数のときは議長の決するところによる

 

第6章資産及び会計

(資産の構成)

第21条この会の資産は、次のとおりとする。

(1)設立当初の財産

(2)入会金、会費

(3)資産から生ずる果実

(4)事業に伴う収入

(5)寄附金品

(6)その他の収入

(収支予算)

第22条この会の収支決算は、委員長の管理の下、会計担当が作成し、会計監事の意見をつけ、

役員会及び総会の承認を受けなければならない

(会計年度)

第23条この会の会計年度は毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる

第7章会則の変更

(会則の変更)

第24条この会則は総会において会員現在数の3分の2以上の議決がなければ変更すること

ができない

 

平成26年4月18日 施行